「か弱い」として女性性を包摂する企業社会が本物の弱者を隔離した現実

ディーセントワークとは、ILO(国際労働機関)の日本語訳であれば「働きがいのある人間らしい仕事」という意味になるが、ILOが2008年頃に掲げたスローガン、「ジェンダー平等はディーセントワークの中心(≒ジェンダー不平等が … “「か弱い」として女性性を包摂する企業社会が本物の弱者を隔離した現実”の続きを読む

機能不全企業の現状

機能不全企業とは ブラック企業。最も優れた洞察の一つとして「労働市場へのフリーライド」とは、従業員の能力に搾取的な雇用を繰り返す目的でブラック企業であることを隠して求人を出すという指摘である。暗黙の前提として、通常企業と … “機能不全企業の現状”の続きを読む

法学部生が法の精神に敗北してしまう現実

批判の価値。ネガティブなコメントも読者に新しい知恵をもたらす価値がある。批判とは、それ自体が知的財産なのだ。そして元の著作者が利害関係者であれば、なおさら秘密裏に流通するのも無理はないだろう。しかし、批判家は、自分の批判 … “法学部生が法の精神に敗北してしまう現実”の続きを読む

回転式徳俵

相撲。 よりエキサイティングなショウビジネスへ。 外国人力士が増えた日本大相撲は。 ついに相撲メジャーリーグと呼ばれ。 その後も海外投資家の惜しみない出資を馬鹿正直に受け入れた結果。 世界的スポーツビジネスの大物コミッシ … “回転式徳俵”の続きを読む

安室奈美恵 chase the chance のラップで垣間見る社会規範と功利主義の接続

安室奈美恵 chase the chanceとは、TVドラマ「ザ・シェフ」の主題歌(1996年リリース)です。 教え込まれた協調性 いいこはいいこにしかなれないよ 社会規範を守る人について「いいこ(優等生の類)」という表 … “安室奈美恵 chase the chance のラップで垣間見る社会規範と功利主義の接続”の続きを読む